徳之島 初探訪

7月27日~31日の日程で徳之島を探訪してきました。

近くにいた台風12号の影響も少なく良い旅になりました。

フェリーで古仁屋から2時間で昼過ぎに平土野に着きました。

料金は離島カードを利用して片道¥2050でした ^^)

観光半分、釣り半分でカスミアジが釣れたらいいなって感じです。

昨今、情報過多なので、あまり情報が無い徳之島にワクワクすること

この上ないのであります。







平土野の定食屋さんのチロルで昼食を済ませ

早速釣りがしたくなったので、グーグルマップで目星を

つけていたポイントに行ってみた。



エメラルダスタクティカルバッグは下が保冷になっているので灼熱フィッシングでは

重宝した。




バッグが角ばっているので置いたら立つ。

で横にロッドをキープできる。




本日終盤にバラクーダ8kgがデカプテルスTYPEⅠ(自作ペンシル)

に食いついてきた。

本日はこの魚だけで終了。




2日目の朝にウンブキという海水が地底を通って池になっている場所に行ってみた。




その後、景勝地のムシロ瀬を探ってみた。




雰囲気はあるけどノーバイト




アマミコが降臨したといわれる岩。

大きな足跡があった。




次のポイントへ

しかしノーバイト。




金見崎のソテツトンネル

トトロが出そうだった。




フォトジェニック♪




次のポイントもノーバイト

ロケーションは最高

この日は結局ノーバイトで終了。




DAY3 始まり

いい雲だ。




ナンヨウカイワリが挨拶に来てくれた。




サトウキビ畑を突っ切って海岸まで行く作業が続く。







アオノメハタがアタックしてきた。




待望のカスミアジゲット♪

やっぱり君に合えたよ徳之島でも




サイズアップ♪

使用ルアー: オシアペンシル115HS 42g

このルアーはシンペンなのですが浮き上がりが早い形状をしてますので

リーフのショルダーやシャローで根掛りすることなく引いてこれます。

結局カスミアジは全部このルアーで釣れました。

もう今回の釣行カスミがやっぱり釣れてくれることがわかったので

満足です。





画像のとおりウエストバッグは止水ジッパーなどの防水性の高いものがいいです。

サラシの際やサラシの中で釣るので上からや下からの突き上げの波を被ります。

防水性が高いとスマホやタバコを守ってくれますよ。

ロールダウンタイプの完全防水のバッグも気になりますが開け閉めが面倒な気がします。

また、ウエストバッグはファイトやルアーのただ巻き時にギンバルの役目をしてくれる

平面があるほうがいいと思います。




DAY4

今回の釣行は大潮や中潮で来ていますので、朝は満潮なのでリーフブレイクを狙いにくいため、朝は観光したりです。

犬の門蓋

ここに来たかった。




優しげな観音様










日本で最も素晴らしい龍宮神がおられる場所とされています。

龍宮神は海の神様ですのでお祈りしてきました。

とても気持ちの良い場所でした。




かつては海の中でした。







戦艦大和戦没者の忠霊塔がある犬田布岬




この沖で戦艦大和が沈んだので鎮魂のお祈りしてきました。




この後、昼からリーフに行き

またカスミアジが姿を見せてくれた。

カスミアジの引きの強さが大好きです。

良い旅でした。


総括

今回は初徳之島ということで観光をしながらの釣りでしたが

正味三日半それなりに集中して釣りをしました。

その中でなんとなくヒットする地形がわかりました。

それはドン深すぎず、シャロー過ぎずなだらかなスロープの

先が程よい深さの場所でした。

風向きはおおむね西よりの風が吹いていましたので

グーグルマップで目星をつけていた場所は西側だったのですが

今回は主に東側での釣りになりました。

島は1周するのにちょうど良い大きさで、潮の関係もあり

1/3くらいしかまだ場所は攻めれていませんが、

次に開拓する余地を残しておくことを考えたら、ちょうど良いのかもしれません。

ゼロからの開拓でやっぱりカスミアジがいてくれたということがうれしいです。


タックル

ロッド: ゼナックDURO96HHH

リール: ソルティガ5000H

PE: 6号

リーダー: 140LB

GTロッドのスペックですが、魚が掛かったらリーフのショルダーの下に行かせない

ファイトをしなければ5~6kgのカスミアジは獲れないので、このスペックで

ドラグはほぼ出さないファイトをして魚をコンパスのように円を描くように寄せてきます。

結果、なんとルアーロストはゼロ! バラシた魚はゼロ!ということになりました!




その他 スナップ写真


西郷南洲翁上陸の地。

西郷さんは徳之島には僅か2ヶ月半の滞在だった。

島の人々と分け隔てなく接し

島の人々は西郷さんに感化され

記念碑が建てられている。




あっさりしょうゆ味ラーメン


生搾りシークワーサージュース

美味しかった。



金見崎の沖に見えるトンバラ岩






Liberty Ocean

リバティーな日常を書き綴ってます

0コメント

  • 1000 / 1000